日本人留学助成〈松下幸之助国際スカラシップ〉

諸外国との交流の促進、諸外国の発展と真の国際相互理解に
寄与する研究を志す海外留学を助成しています。

2015年度
「松下幸之助国際スカラシップ」奨学生一覧

助成番号
15-A01 自己紹介 成果報告書
氏名
相田 豊
所属
東京大学大学院
総合文化研究科
区分
博士
渡航先国名
ボリビア
研究機関
サン・アンドレス大学
人文教育学部
研究期間
2年
研究テーマ(留学目的)
モノをめぐる日常的交渉の人類学的研究
-ボリビア伝統楽器の製作・品評・演奏を事例として-
助成番号
15-A02 自己紹介 成果報告書
氏名
荒井 悠太
所属
早稲田大学大学院
文学研究科
区分
博士
渡航先国名
エジプト
研究機関
カイロ大学
研究期間
2年
研究テーマ(留学目的)
中世におけるアラビア語歴史叙述と社会思想の体系化
-イブン・ハルドゥーンの『実例』を中心に-
助成番号
15-A03 自己紹介 成果報告書
氏名
岡田 実奈美
所属
獨協大学
国際教養学部
区分
学部生
渡航先国名
チリ
研究機関
チリ大学
研究期間
1年
研究テーマ(留学目的)
チリ共和国における水利権制度の現状と課題
助成番号
15-A05 自己紹介 成果報告書
氏名
小倉 志穂
所属
東京学芸大学
教育学部
区分
学部生
渡航先国名
タイ
研究機関
コンケン大学
研究期間
9ヶ月
研究テーマ(留学目的)
タイの音楽教育における伝統音楽の役割とアイデンティティ形成
-コンケン大学の音楽活動を中心に-
助成番号
15-A06 自己紹介
氏名
河野 明佳
所属
津田塾大学大学院
国際関係学研究科
区分
博士
渡航先国名
レソト
研究機関
National University of Lesotho
研究期間
2年
研究テーマ(留学目的)
民族の分断と南アフリカ・レソトの国家間関係
助成番号
15-A07 自己紹介
氏名
斎藤 俊介
所属
首都大学東京大学院
人文科学研究科
区分
修士
渡航先国名
タイ
研究機関
タマサート大学
研究期間
2年
研究テーマ(留学目的)
北部タイ平地社会の漸進的エスニック・ナショナリズムに関する社会人類学的研究
助成番号
15-A08 自己紹介 成果報告書
氏名
佐野 洋輔
所属
早稲田大学大学院
人間科学研究科
区分
修士
渡航先国名
インドネシア
研究機関
ムラワルマン大学
社会林業センター
研究期間
2年
研究テーマ(留学目的)
ボルネオ島アポ・カヤン地域における商業狩猟採集社会の動態
助成番号
15-A09 自己紹介 成果報告書
氏名
末森 晴賀
所属
北海道大学大学院
文学研究科
区分
博士
渡航先国名
トルコ
研究機関
エーゲ大学
研究期間
2年
研究テーマ(留学目的)
後期オスマン朝の地域エリートと地方社会
-17-18世紀のアナトリアを中心に-
助成番号
15-A10 自己紹介 成果報告書
氏名
島村 暁代
所属
信州大学
経済学部
区分
教員
渡航先国名
ブラジル
研究機関
サンパウロ大学
研究期間
1年
研究テーマ(留学目的)
高齢期の就労と所得保障に関する社会法学的考察
助成番号
15-A11 自己紹介 成果報告書
氏名
中村 昇平
所属
京都大学大学院
文学研究科
区分
博士
渡航先国名
インドネシア
研究機関
インドネシア大学
研究期間
2年
研究テーマ(留学目的)
ブタウィ・エスニシティにみる日常生活世界の編成と集団帰属意識の醸成
助成番号
15-A12 自己紹介 成果報告書
氏名
宗村 敦子
所属
関西大学大学院
経済学研究科
区分
博士
渡航先国名
南アフリカ
研究機関
ケープタウン大学
研究期間
1年
研究テーマ(留学目的)
南アフリカの労働集約型工業化過程における農村間労働移動の実証研究
-1930年代西ケープ果樹農場と缶詰め工場の季節労働者の事例から-
助成番号
15-A13 自己紹介 成果報告書
氏名
森 昭子
所属
東京外国語大学大学院
総合国際学研究科
区分
修士
渡航先国名
ガーナ
研究機関
ガーナ大学
研究期間
1年
研究テーマ(留学目的)
アフリカン・ポピュラー・アートの文化人類学的考察
-ガーナ南部の看板絵師の民族誌-
助成番号
15-A14 自己紹介 成果報告書
氏名
吉田 航太
所属
東京大学大学院
総合文化研究科
区分
博士
渡航先国名
インドネシア
研究機関
インドネシア科学院
地域資源研究センター
研究期間
2年
研究テーマ(留学目的)
インフラストラクチャーの開発と受容に関する科学技術人類学的研究
-インドネシア東ジャワ州スラバヤ市の廃棄物処理システムを事例として-