日本人留学助成
諸外国との交流の促進、諸外国の発展と国際相互理解に寄与する研究を志す海外留学を助成。

  • 公募について
  • 概要
  • 奨学生一覧
  • 助成実績(国別)
  • 成果発表(フォーラム)
  • 先輩の声

成果発表(フォーラム)

松下幸之助国際スカラシップフォーラム 歴代リスト

注)肩書きはフォーラム発表当時のものです(敬称略)

第13回 松下幸之助国際スカラシップフォーラム

日時
2017年10月7日(土) 13:00〜17:00
場所
東京大学弥生講堂
テーマ
「越えた」先で出会うもの
名前 タイトル 所属 留学先
発表者 相川 拓也 ソウル、植民地近代のパノラマ 東京大学大学院総合文化研究科 韓国
水上 遼 イスラーム史と十二イマーム崇敬 東京大学大学院人文社会系研究科 イラン
押尾 高志 一衣帯水のジブラルタルを越えて 千葉大学大学院人文社会科学研究科 モロッコ
中野 隆基 先住民言語ベシロ語の現状と教育政策 東京大学大学院総合文化研究科 ボリビア
藤音 晃明 法で社会は変わるのか:インドの事例から 浄土真宗本願寺派 教尊寺 インド
片山 夏紀 紛争の償い:ルワンダ・ガチャチャ裁判 東京大学大学院総合文化研究科 ルワンダ
島村 暁代 ブラジルにおける高齢期の所得保障法制 信州大学経法学部准教授 ブラジル
メッセージ 賀川 恵理香 ムルターンの大地に触れて 京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科 パキスタン
小倉 志穂 タイ東北イサーン地方とその音楽たち 東京学芸大学教育学部中等教育教員養成課程 タイ
岡田 実奈美 チリ、一年で見た水と人のつながり 獨協大学国際教養学部言語文化学科 チリ

第12回 松下幸之助国際スカラシップフォーラム

日時
2016年10月23日(日) 13:00〜17:00
場所
東京大学弥生講堂
テーマ
遭遇するフィールドへ
名前 タイトル 所属 留学先
特別企画 「留学後の出版とキャリア」 石井 雅 (株式会社風響社社長)
小島 敬裕(津田塾大学学芸学部准教授)
岸 保行 (新潟大学経済学部准教授)
水口 拓寿(武蔵大学人文学部教授)
胎中 千鶴(目白大学外国語学部教授)
発表者 白石 奈津子 不確かであるものを受け入れるということ 京都大学大学院 アジア・アフリカ地域研究研究科 フィリピン
土佐林慶太 ミアイ研究:メッカ居住者帰国事業を中心に 早稲田大学大学院文学研究科 インドネシア
臼杵 悠 路線図のないバスが映す都市発展・ヨルダン 一橋大学大学院経済学研究科 ヨルダン
金子 亜美 ボリビア、チキトスのミッションと音楽 東京大学大学院総合文化研究科 ボリビア

第11回 松下幸之助国際スカラシップフォーラム

日時
2015年10月10日(土) 13:30〜17:00
場所
東京大学弥生講堂
テーマ
まじわりの場で声をつむげ
名前 タイトル 所属 留学先
基調
講演
岸本 美緒 「正しさ」と歴史学 お茶の水女子大学基幹研究院教授
発表者 吉澤 あすな フィールドワークでしか得られないもの
− 宗教・民族の異なる「隣人」と暮らす −
京都大学大学院 アジア・アフリカ地域研究研究科
修士号取得
フィリピン
上田 真啓 インドにおける「知の継承のかたち」
− ジャイナ教聖典の伝承のありかたについて −
京都大学大学院文学研究科博士後期課程在学 インド
和田 佳浦 先住民共同体における若者と権威の変化
− メキシコ・チアパス州のトホラバル民族の事例から −
早稲田大学大学院社会科学研究科
博士後期課程在学
メキシコ
櫻井 智恵 王を「みる」ということ:「まじわりの場」を研究する 京都大学大学院 アジア・アフリカ地域研究研究科
博士課程在学
タイ
福冨 渉 民主主義の変容と市民社会の役割
− ブラジル参加型審議会の事例から −
東京外国語大学大学院総合国際学研究科
博士後期課程在学
タイ

第10回 松下幸之助国際スカラシップフォーラム

日時
2014年10月18日(土) 14:00〜17:00
場所
東京大学弥生講堂
テーマ
跳びこむ、もがく、気づく − そして私が変わる
名前 タイトル 所属 留学先
基調
講演
藤原 帰一 自由世界から権力競合へ
− 中国・ロシアと現代国際政治 −
東京大学法学部教授
発表者 大坪 加奈子 「私」と「社会」の幸福を希求する
− カンボジア農村における寺院の社会開発活動 −
九州大学大学院人間環境学府博士課程 カンボジア
和田 理寛 言語の復興運動と上座部仏教僧団
− 少数民族モン(Mon)の事例 −
京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科博士課程 タイ
守田 まどか 多宗教の共存とすみわけ
− 18世紀イスタンブルの都市社会構造の探求 −
東京大学大学院人文社会系研究科博士課程 トルコ
古川 勇気 飛び込んで、体験して、支えられたフィールドワーク
− ペルー、カハマルカ県のチーズ販売網における多様な経済活動の中で −
東京大学大学院総合文化研究科
「人間の安全保障」プログラム博士課程
ペルー
佐藤 祐子 民主主義の変容と市民社会の役割
− ブラジル参加型審議会の事例から −
神戸大学大学院国際協力研究科修士過程 ブラジル

第9回 松下幸之助国際スカラシップフォーラム

日時
2013年10月19日(土) 14:00〜17:00
場所
東京大学弥生講堂
テーマ
変化の波と持続の力
名前 タイトル 所属 留学先
基調
講演
小杉 泰 「知のるつぼ」としての研究者
− 地域と日本を往還する −
京都大学大学院 アジア・アフリカ地域研究研究科 教授
発表者 白谷 望 「アラブの春」とモロッコのしたたかな政治体制 上智大学大学院グローバル・スタディーズ研究科博士課程 モロッコ
小野 亮介 書簡の伝えるトルコのトルキスタン人亡命・移住コミュニティ 慶応義塾大学大学院文学研究科博士課程 トルコ
田中 鉄也 インド商人とヒンドゥー寺院運営
− ケーリヤー・サバーの100年史(1913年-2012年)
関西大学文学研究科博士課程後期課程 インド
石坂 貴美 バングラデシュのマイクロ医療保険の可能性と課題 東京大学大学院総合文化研究科
「人間の安全保障」プログラム博士課程
バングラデシュ
宇田川 彩 めぐる時間と楔打つ時間
− アルゼンチン・ブエノスアイレスのユダヤ人とユダヤ暦 −
東京大学大学院総合文化研究科
文化人類学コース博士課程
アルゼンチン

第8回 松下幸之助国際スカラシップフォーラム

日時
2012年10月20日(土) 14:00〜17:00
場所
東京大学弥生講堂
テーマ
声を聞く − 変わりゆく「場」から −
名前 タイトル 所属 留学先
基調
講演
木村 秀雄 現場で考える〜人類学的フィールドワーク 東京大学大学院総合文化研究科教授
発表者 石橋 弘之 変化に対応する人々:カンボジア、カルダモン山脈における森林利用の維持と消失の間で 東京大学大学院農学生命科学研究科博士課程 カンボジア
竹村 和朗 大きな声、小さな声:
エジプトのある砂漠開発地域の歴史と現場から
東京大学大学院総合文化研究科
地域文化研究専攻博士課程
エジプト
笛田 千容 中米におけるビジネス・コミュニティの変容 東京女子大学非常勤講師 グアテマラ
福原 裕二 変りゆく欝陵島社会 島根県立大学大学院北東アジア開発研究科
総合政策学部准教授
韓国
若林 大我 アンデス高地牧畜の現在:2つの村の生業戦略比較から 法政大学非常勤講師 ペルー

第7回 松下幸之助国際スカラシップフォーラム

日時
2011年10月15日(土) 14:00〜17:00
場所
東京大学弥生講堂
テーマ
地球をつなぐ:アジア・アフリカ学の可能
名前 タイトル 所属 留学先
基調
講演
加藤 剛 世界のなかのアジアと日本:グローバルな理解を目指して 京都大学名誉教授
発表者 田中 有紀 明代音楽思想研究
− 朱載『楽律全書』の分析 −
東京大学大学院人文社会系研究科 中国
波戸 愛美 アラビアン・ナイトは何を語るか
− 中世アラブの奴隷の社会生活を中心に −
東京大学大学院総合文化研究科 シリア
岡田 雅志 越境するアイデンティティ
− 「黒タイ」たちの歴史と民族文化 −
大阪大学大学院文学研究科 タイ
東 智美 森林政策が引き起こす森林破壊と「よそ者」の役割
− ラオスの土地・森林分配事業を事例に −
一橋大学大学院社会学研究科 ラオス
倉内 美智子 内戦後スーダンにおける越境の多様性とその役割
− 世界諸地域を結ぶ人々のネットワーク形成 −
総合研究大学院大学文化科学研究科 スーダン

第6回 松下国際スカラシップフォーラム

日時
2010年10月16日(土) 14:00〜17:00
場所
東京大学弥生講堂
テーマ
現場から問う
名前 タイトル 所属 留学先
基調
講演
栗本 英世 「他者」に対する想像力の獲得に向けて 大阪大学グローバルコラボレーションセンター長
発表者 伊東 未来 異なることの共同力
− マリ共和国ジェンネを事例に −
大阪大学大学院 博士課程 マリ
吉村 千恵 ケアの獲得と「障害」の揺らぎ
− タイの障害者の生活にみる地域との相互関係 −
京都大学大学院 博士課程 タイ
関本 紀子 植民地期ベトナム度量衡史研究
− 植民統治政策と伝統的個性の存続 −
東京外国語大学大学院 博士課程 ベトナム
宮本 隆史 デジタル・アーカイブをつくる
− インド制度史資料調査から −
東京大学大学院 博士課程 インド
ディスカッサント 川口 洋史 名古屋大学大学院 博士課程 タイ

第5回 松下国際スカラシップフォーラム

日時
2009年10月31日(土) 14:00〜17:00
場所
東京大学弥生講堂
テーマ
文字の彼方に見つけたもの
名前 タイトル 所属 留学先
基調
講演
田辺 明生 フィールドから「発展」を考える 京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科教授
発表者 小島 敬裕 中国・ミャンマー国境地域の仏教実践
− 徳宏タイ族の事例から
京都大学大学院 博士課程 中国
石井 裕 現代に生きるサンスクリット 東京大学大学院 博士課程 インド
須田 将 スターリン時代のウズベキスタンのにおけるムスリム社会の「差異化」と女性 北海道大学大学院 博士課程 ウズベキスタン
海野 朝子 ミャンマーで101の貧困世帯との対話から見出したもの 群馬県立女子大学 講師 ミャンマー
ディスカッサント 塩谷 哲史 東京大学大学院 博士課程 ウズベキスタン

第4回 パナソニックアジアスカラシップ・フォーラム

日時
2008年11月2日(土) 14:00〜17:00
場所
東京大学弥生講堂
テーマ
入りまじるアジアの中から
名前 タイトル 所属 留学先
基調
講演
大場 秀章 植物から宗教・文化を考える 東京大学名誉教授
発表者 金子 奈央 共生をおしえる 横浜市立大学大学院 研究生 マレーシア
岩本 明美 “もめごと”をどう処理するか 北京語言大学大学院、中国語通訳・翻訳者 中国
木村 春菜 韓国語教育の現況と語彙教育 日韓文化交流基金 韓国語教師 韓国
井内 真帆 チベット人研究者との出会い 大谷大学 助教 中国
ディスカッサント 諫早 直人 京都大学大学院博士後期課程
日本学術振興会特別研究員
韓国

第3回 パナソニックアジアスカラシップ・フォーラム

日時
2007年10月27日(土) 14:00〜17:00
場所
松下電工 東京本社ビル ナショナルセンター東京 汐留
テーマ
隣人(となりびと) とともに
− よりよき生をもとめて:フィールドワークから見たアジア −
名前 タイトル 所属 留学先
基調
講演
園田 茂人 アジアの脱構築・再構築:フィールドワークから問い直す 早稲田大学大学院 アジア太平洋研究科 教授
発表者 岸 保行 「共創」空間としての日系企業
− 在中国・香港日系企業でのフィールドワーク体験から考える −
早稲田大学 アジア太平洋研究センター 助手 中国
川越 道子 境界を横断するということ
− ベトナム・神戸、二つの「フィールド」から考える −
大阪大学大学院 博士課程
日本学術振興会 特別研究員
ベトナム
岩城 考信 家族史から見直す住宅改造
− バンコク都市近郊農村の移築、増築、改築 −
法政大学大学院 博士課程 タイ
宮本 万里 「環境にやさしい生活」をめぐるポリティクス
− ブータンの村と暮らしと環境政策 −
京都大学 人文科学研究所
日本学術振興会 特別研究員
ブータン
ディスカッサント 中須 正 防災科学技術研究所 研究員 タイ

第2回 パナソニックアジアスカラシップ・フォーラム

日時
2006年10月28日(土) 14:00〜17:00
場所
松下電工 東京本社ビル ナショナルセンター東京 汐留
テーマ
隣人(となりびと) とともに − 東南アジアから問い直す −
名前 タイトル 所属 留学先
基調
講演
山折 哲雄 日本はアジアか 宗教学者
発表者 俵 寛司 近代と「東洋」考古学 東京外国語大学 研究員 ベトナム
山田 直子 近代インドネシアの婚姻問題とイスラーム・慣習法 早稲田大学アジア太平洋研究センター 助手 インドネシア
矢野 順子 内戦期ラオスにおける国民語形成 一橋大学大学院 博士課程 ラオス
中須 正 タイにおける開発・環境・自然災害 防災科学技術研究所、中央大学客員研究員 タイ
ディスカッサント 岩間 一弘 千葉商科大学 助教授 中国

第1回 パナソニックアジアスカラシップ・フォーラム

日時
2005年11月12日(土) 14:00〜17:00
場所
パナソニックセンター東京 1階ホール
テーマ
隣人(となりびと) とともに
名前 タイトル 所属 留学先
基調
講演
姜 尚中 地域で生きる−地域学の提唱 東京大学大学院 情報学環・学際情報学府 教授
発表者 村上 信明 清代中国における異文化世界の共存 筑波大学大学院 博士課程 中国
水口 拓寿 「我々の文化」を表現するために 東京大学大学院 博士課程
武蔵大学 非常勤講師
台湾
胎中 千鶴 八田與一はなぜ語られるのか 立教大学 非常勤講師 台湾
井上 さゆり ミャンマー古典音楽の創作 東京外国語大学 アジアアフリカ言語文化研究所日本学術振興会 特別研究員 ミャンマー
木村 理子 民主化後のモンゴル文化復興事情について 東京大学教養学部 非常勤講師 モンゴル
小林 聡明 GHQ占領期における在日朝鮮人新聞の成立と変容 東京大学日本学術振興会 特別研究員 韓国

※第1回〜第4回 「パナソニックアジアスカラシップ・フォーラム」
   第5回〜第6回 「松下国際スカラシップフォーラム」に改称
   第7回〜 「松下幸之助国際スカラシップフォーラム」に改称