「自然と人間との共生」理念の普及への助成
人間が自然を尊び調和しながら生きる社会の実現を普及する活動及びその関連事業に対する助成を行う。

  • 概要
  • 2014年活動
  • 2015年活動

教員フェローシップ・プログラム

このプログラムでは、教育関係者の方々に、最前線の科学の現場と一般市民をつなぐ活動を行っている認定NPO法人アースウォッチ・ジャパンが主催する野外調査プログラムにボランティアとして参加いただき、その体験を環境教育の実践に役立てていただくものです。積極的に野外調査に協力し、「自然と人間が共生する社会の実現」をテーマに、貴方の体験を子どもたちに伝えてください。

2015年度プログラム概要

1. 支援内容
  • 野外調査プログラム参加費用
    (調査期間中の夕朝食費・宿泊代を含む)
  • 交通費(実費)
2. 参加者ご自身でしていただくこと(合格者のみ)
  • 集合場所と自宅間の交通手配
  • 参加申込書の提出
  • 体験を環境教育活動に反映し、その実践結果を報告書として提出
    (調査終了後4カ月以内)
3. 参加する野外調査プログラムの内容と時期
(調査は研究者の指導を得ながら、一般に募集したボランティアとともに行います。)
  調査名 調査地 調査を通じて学べること 調査日程 人数 応募締切
1 魚のゆりかご
東京湾のアマモ調査

上記をクリックして
詳細をご覧ください。
千葉県
富津市
海と陸とをつなぐ沿岸域に生息するアマモの調査を通して、さまざまな海洋生物が複雑かつ多様に共生している現状を把握することができます。 2015年
6月19日(金)夜
〜6月20日(土)
1泊2日
2人 2015年
5月20日(水)
2 タナゴの生態調査
上記をクリックして
詳細をご覧ください。
岩手県
奥州市
希少魚類タナゴの調査を通して、近代的な圃場整備や農薬使用、外来種の侵入等により低下しつつある農業ため池の生物多様性を学ぶことができます。 2015年
9月5日(土)
〜6日(日)
1泊2日
2人 2015年
7月20日(月)
3 八ヶ岳の森の掃除人
ヤスデの調査

上記をクリックして
詳細をご覧ください。
山梨県
八ヶ岳山麓
森の掃除人ともいえるヤスデの生態調査を通じて、落ち葉を分解する役目を果たす土壌の生きものの重要性を学ぶことができます。 2015年
9月12日(土)
〜13日(日)
1泊2日
または
2015年
10月10日(土)
〜11日(日)
1泊2日
各回
2人
2015年
7月20日(月)
4 固有種ニホンイシガメの保全
参考:今年の調査の
詳細をご覧ください。
千葉県
君津市
希少魚類タナゴの調査を通して、近代的な圃場整備や農薬使用、外来種の侵入等により低下しつつある農業ため池の生物多様性を学ぶことができます。 2016年
2月上旬の土日
を予定
1泊2日
または
2016年
3月上旬の土日
を予定
1泊2日
各回
2人
2015年
9月25日(金)

応募要項

1. 募集対象者および人数
小学校・中学校・高等学校の教員(担当学年、科目は問いません)、
科学館、博物館、水族館等の教育的施設で指導に関わる職員 
12名
2. 応募方法
主催団体である認定NPO法人アースウォッチ・ジャパンのホームページを参照下さい。