松下幸之助花の万博記念賞

  • 概要
  • 受賞者一覧
  • 講演会

江戸の園芸文化
―本草と農業から生まれた庭園、いけ花、そして園芸―
小笠原 左衛門尉亮軒氏(公益社団法人園芸文化協会副会長/名古屋園芸株式会社 取締役隠居)

- 授賞理由 -

日本の花き産業と園芸文化の普及に多大な貢献を成した。とりわけNHKテレビ「趣味の園芸」に番組開始当時から講師として、花の楽しみ方、育て方を解説してきた。自ら多くの植物を育て新しい技法を開発する研究者であり、その実践に裏打ちされた技術をテキストや書籍として出版し市民の生活の中に根付かせた。
また、江戸時代に花開いた園芸文化、とりわけアサガオやキクの魅力と庶民性を今日に伝えるなど、活私開公の精神が貫かれている点で高く評価できる。