松下幸之助花の万博記念賞

  • 概要
  • 受賞者一覧
  • 講演会

日本における木材利用史 −縄文時代における木材資源利用を対象に−
能城 修一氏(森林総合研究所 木材特性研究領域チーム長)

- 授賞理由 -

専門の木材解剖学及び植物分類学での国際的な業績に止まらず、その技術・知見を駆使して、遺跡等出土の木材を同定し、その知見から日本の後氷期での植生変遷の解明に尽力した。また、森の国、日本にふさわしい、木材利用を発達させた文化の実態の解明にも貢献した。なかでも、ぼう大な数の木製仏像の樹種を解剖学の所見から明らかにした功績は高く評価される。