理事長のことば

当財団は、財団設立者である私の祖父松下幸之助の意志を受け継ぎ、「諸外国との相互理解による国際社会への貢献」と「人間が自然を尊び調和しながら生きる社会の実現」をはかり、社会に貢献することを目的としております。

近年、わが国をはじめ世界各国で政治・経済・環境が大きく変化していく一方、従来では考えられないような自然災害も発生しております。
今後も何が起こるかわからない状況となっていることを懸念しております。
しかしながら、グローバル化の大きな潮流は不変であり、今後益々諸外国との理解・協調が重要になってくると思われます。

そういった環境下で、公益財団法人松下幸之助記念財団として、国際的な視野のもと、学術研究にまつわる諸課題の調査、研究並びに事業に対しての助成及び顕彰活動を行い、世界文化の進展と人類の平和に微力ながら貢献できればと願っております。

2017年4月1日
公益財団法人 松下幸之助記念財団
理事長 松下 正幸